ド快晴の西穂丸山へ!

1月4日よりクラブツーリズム関西の仕事で西穂高の丸山を案内してきました。
偶然にも4日午後から5日午前にかけては年始に猛威を振るった西高東低の気圧配置がようやく緩み、大陸性の移動高気圧が張り出してくる最高のタイミング!

4日午後に新穂高でお客さんと合流してロープウェイ西穂高口駅の播隆上人像の前で全員アイゼン装着してもらい出発!
DSCN1360

まだ完全に晴れてるわけではありませんがそれでも木立の間から目指す西穂山荘が見えています。
DSCN1361

相変わらず美しい雪をまとったオオシラビソたち。
DSCN1362

苦しい登りを一歩一歩踏みしめていく。
DSCN1363

無事に西穂山荘前の大雪だるまに今年も会えました!
DSCN1364

翌朝、朝食後に丸山に向けて出発します。八ヶ岳方面は朝日に染まってキレイ!
DSCN1366

冬の間のわがメインフィールド乗鞍岳も朝日を受けて美しく輝きます。
DSCN1367

西穂の頂上方面はすでに朝日が昇っている様子。
DSCN1368

八ヶ岳の編笠山あたりからご来光です!
DSCN1371

ご来光を撮ったり記念撮影したりのお客さんたち。
DSCN1372

加賀の白山。遠望ですが空気が澄んでいるため案外近くに見えます。
DSCN1374

前穂高から明神岳に続く稜線。
DSCN1375

西穂山荘の向こうに焼岳・乗鞍岳。
DSCN1376

DSCN1378
槍ヶ岳も見えてこの山行は素晴らしい景色に恵まれたままフィナーレを迎えました。
皆さんお疲れ様でした。これを機に冬山の魅力に目覚めてほしいものです♪
高野山岳ガイド事務所 – Takano Mountain Guide Office | Facebookページも宣伝

パタゴニア

「ド快晴の西穂丸山へ!」への1件のフィードバック

  1. 高野さま
    西穂登山ではお世話になりました
    どうしても行きたかった場所なんですが、自分の技量を考えた際同行の皆さまにご迷惑かけるのが心配で今まで申し込みを遠慮していました
    今後を考えた際、こおれが最後のチャンスだと思い参加させて頂きました
    皆の状況を見ながら配慮の行き届いたご案内のお蔭で、難なく登頂ができ嬉しい限りです
    山の説明も詳しくてとっても素晴らしい想い出となりました
    今後又ご一緒できる日があることを強く願っています
    ☆⌒(*^-゚)v 有難うございました(:D)┓ペコリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください