嵐の合間の奇跡の一日!ド快晴の荒島岳へ。ただし敗退。。。

快晴の荒島岳に行ってきました。写真はしゃくなげ平付近からの白山の大展望。
DSCN1441

石鎚山から下山して関西に移動。さらに高速で米原まで移動してお客さんと合流。常連のKさんです。
で、福井から越前大野を経て旧カドハラスキー場へ。途中でランチ中に荒島岳での遭難を知りました。
うーん。。。
でもとりあえずこの時点で救助活動は終わっていた模様。1人は無事でしたがもう1人は残念でした。
この日は午後旧カドハラスキー場でビーコン捜索の訓練。
DSCN1432

夜は大野の旅館に素泊まりで夜は友人おすすめの星山へ。
CameraZOOM-20130115180527141
激ウマでした!

翌朝、再び荒島岳勝原登山口へ。
いよいよ頂上アタックです。
DSCN1433
雪は少なめ。曇ってはいますが視界は良好です。

まだ日の当たらない旧ゲレンデ内をずんずんと登っていきます。
DSCN1435

旧ゲレンデトップに着いた頃には雲もとれて快晴に!
DSCN1436

ここから先は救助隊のトレースも消えがちになりますが雪が降ったわけではなく、風でリセットされているだけなので下はしっかり踏み固められており快適に登ることができました。
DSCN1440

途中のトトロの木(ブナ)。
DSCN1438

ただ途中でアクシデント!Kさんがバックパックに着けておいたはずのピッケルがいつの間にか落下。気づいた時にちょうど追いついてきたスキーヤーの兄さんに聞いてみるとかなり下の方で落ちてて持ってあがるか迷ったけど持ってこなかったとのこと。。。ピッケルなしでのもちが壁の登下降は危なすぎるので残念ですがしゃくなげ平までで引き返すことに。。。

で、しゃくなげ平。
DSCN1442
救助隊が休憩を取ったのでしょう。広く踏み固められておりました。

林の向こうに荒島岳の本峰がそびえています。残念!
DSCN1443

下山途中にきれいに見えた赤兎岳。
DSCN1444

今回は残念でしたが、これに懲りずに再び頂を目指しましょう!
高野山岳ガイド事務所 – Takano Mountain Guide Office | Facebookページも宣伝

パタゴニア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください