悪天に阻まれた東北バックカントリースキー遠征。

2月18日より1週間程度の予定で後輩ガイドのU君と東北にバックカントリースキーの遠征に出かけました。

初日はとりあえず吾妻連峰近くの町、二本松に移動して車中泊。
DSCF7080
愛車フォレスターでの車中泊は快適です。J先輩ありがとうございます!

翌朝どこも天気が悪そうなのですがその中でも比較的マシかもしれない箕輪スキー場へ。箕輪山へのBCに出かけることにします。が、待てど暮らせどリフト動かず。かなりの強風のようです。。。
DSCF7081
結局この日はあきらめ翌朝の天気予報とにらめっこ。宮城蔵王がマシそうだったのでターゲットを変更して白石市に移動しました。
DSCF7083

で、翌朝みやぎ蔵王白石スキー場へ。権現沢あたりを狙う予定だったのですがまたしても風が強いため、営業開始を待たずしてリフトアクセスの必要のない水引入道へ向かうことにしました。
DSCF7084

林道をしばらくスキーで進みます。
DSCF7085

途中からとてもスキーで滑降はできないと思われる密な樹林に入っていきます。
DSCF7086

しばらく登ったブナ林からは疎林になりました。でもまだまだ傾斜が緩すぎて楽しめそうじゃない。。。
DSCF7087
DSCF7088

樹林帯を抜けてくると風も強くなり視界も悪くなってきます。やはり今日も天気悪い。。。
DSCF7089

で、水引入道からスキーヤーズライトの疎林の谷状へ滑り込みます。
DSCF7091
DSCF7092
DSCF7093

それほどパウダー深いわけでもありませんでしたがそこそこ楽しめました。下りのラストは苦行が続きましたが(^_^;)
下山してからはダメ元で西吾妻を目指すべく米沢に移動。でも半端なく天気悪いです。とてもじゃないけど無理だろうってことで福島市に移動。
21日は安達太良山に向かうことに。天気は悪くないのですがやはりまたまた強風。あだたら高原スキー場のあだたらエクスプレスは営業も怪しそうな雰囲気。。。
もうあきらめて松本に帰ろうかと相談してる時に営業開始の放送が!すぐに準備して上に登りました。(実はこの後すぐにまた運行中止されたそうです。)

薬師岳から緩やかな斜面を少しづつ安達太良山に歩を進めてゆきます。
DSCF7096

強風に加えて視界もわずかしかありません。。。ま、わかりやすい山なんでそんなに心配もしてないですけど。
DSCF7097

で、頂上直下の台地で東のボウルに滑り込むことに。視界のない頂上には用がありませんから(^_^;)
DSCF7100

ここは部分的にオーバーヘッドとなるくらいパウダーがたまってました!
最高の滑りを楽しんでから予定を早めて松本に帰ってきました。この先も天気がずっと悪い予報だったんで長居しても仕方ないと判断したからです。松本に帰ってどっかBC行くべかと。
高野山岳ガイド事務所 – Takano Mountain Guide Office | Facebookページも宣伝

パタゴニア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください