宇佐神宮のご神体、御許山の登ってから宇佐神宮へ。

引き続きHJIのツアーです。
2/26は鹿嵐山に登る予定でしたがこの山は田原山と同じく岩場鎖場の連発。雨の予報ではやめた方がいいだろうという判断で危険個所の少ない御許山へ。
DSCN1544

大元神社と呼ばれる宇佐神宮の奥の院があり、ご神体のため九合目の神社までしか登れない山です。
出だしは杉の植林の中の歩きやすい道。花粉症患者の私には地獄のルートです(^_^;)
DSCN1534

30分ほど登ると小さなお地蔵様が。ここは稜線直下。ここで御許山に行く道と雲ヶ岳に行く道とが分岐します。
DSCN1536

歩きやすい稜線を少したどるとそこは大元神社。
DSCN1538

倒れた銀杏の木もご神体なのでしょうか?
DSCN1539

下山後はもちろん宇佐神宮へ。
DSCN1540
DSCN1541
DSCN1542
DSCN1543
DSCN1545

霊験あらたかな宇佐神宮で清らかな気持ちになった後は我が故郷臼杵に移動して臼杵城址の見学。
DSCN1546

大友宗麟が輸入した日本初の大砲「国崩」のレプリカにむらがる大人たちw
DSCN1547

その後夕食はもちろんふぐのフルコースを堪能しました。やはり臼杵のふぐは日本一!
CameraZOOM-20130226180206252
高野山岳ガイド事務所 – Takano Mountain Guide Office | Facebookページも宣伝

パタゴニア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください