西表島!沢の登下降はまさにジャングルクライミング!

3月9日西表島に上陸しました。行ってきたのは仲間川遡行からの仲良川下降。大変でしたがエキサイティングな2日間となりました。
DSCF7230
仲間川上流域

西表に上陸して大原の集落で一泊。そこのスーパーで食料等買い出しして翌日からの沢に備えます。
で翌朝、大原から仲間川遊覧の船着場のある大富への移動途中、仲間川にかかる橋上で日の出!
DSCF7210
気分も盛り上がります。

イリオモテヤマネコ発見!!!今回本物には会えませんでした。
DSCF7207

マリンレジャー金盛さんの渡し船をチャーターして仲間川最奥まで送ってもらいます。社長の愛犬も送ってくれました♪
DSCF7214

ここで船を下ります。御座岳からくる沢と仲間川本流との合流点。
DSCF7217

ここから下山するまでおそらく誰にも合わない贅沢な沢旅!楽しんでいきましょう!
DSCF7220

植生が本土の沢とは全く違いますね。まさに亜熱帯!
DSCF7222

たしかに底に少し泥は堆積してるのですが、十分に清流と言っていいレベルじゃないかと私は思うのですが。
DSCF7223

Kさんいきなり淵を泳ぎます。
DSCF7225

次から次へと泳ぎます。ま、その方が早いしね(^_^;) 水も冷たくないし。
DSCF7227

ポットホール祭りな岩。
DSCF7228

今回遡行した沢には大滝はないのですが、小滝は結構あります。
DSCF7231

ナメもきれい。
DSCF7232

これ、結構な大淵で結局左岸を巻きました。
DSCF7237

ここで本流から分れ、仲間山と地図上の340m峰との鞍部からくる沢に入ります。
DSCF7238

小滝。
DSCF7240
そうそう、ほとんど人が入らないためか魚影はかなり濃い感じです。

木々の間からで見えにくいですが7mの滝。
DSCF7245

甌穴状のゴルジュ。
DSCF7246
見てて飽きません!

徐々に水量は減ってきます。
DSCF7248

で最後は強烈なやぶ漕ぎ!!!
DSCF7250
DSCF7251
100m進むのに一時間ぐらいはかかったんじゃなかろうか?

目指す鞍部に出ました!わかりにくいですが。
DSCF7252

仲良川水系の枝沢をずんずん下降すると仲良川の本流に出ました。
DSCF7254

今宵はここで一晩♪
DSCF7256
※注:国立公園内でのキャンプは原則として指定地のみです。西表島では島内の沢登り、トレッキングルートともに警察、森林事務所の双方に計画書を提出して許可を受けなければ入れません。計画書にキャンプ予定を書いても許可は下りるため、許可を受ける例外事例と考えてもよさそうです。ただし単独入山等には許可が下りないようですのでご注意を。

翌朝、清流の中を下っていきます。なお、清流と言っても底に泥が堆積しているため歩くと足元から煙幕のように泥が立ち上って濁ってきます。
DSCF7258

DSCF7261
残念ながら写真には撮れなかったのですが、ここ仲良川本流ではかなり大きなカワウナギを4匹見ました。捕まえて食えばよかった。。美味いらしいです。

今日も元気だ泳ぎがウマイ!w
DSCF7264

ヒカゲヘゴの大木の幹は気色悪いと思うのは僕だけでしょうか?
DSCF7267

10mの滝。ここは懸垂下降しました。ボロボロの懸垂支点が数本。時々は来る人もいるようです。
DSCF7270

美しいナメや淵、甌穴や小滝が連続してくるとフィナーレも間近。
DSCF7274
DSCF7276
DSCF7277
DSCF7282
DSCF7283
DSCF7284
DSCF7292

さあ、最後の20m滝の落ち口が見えました。
DSCF7294
ここには巻道もあるようですが、我々は懸垂下降して下りると。

DSCF7295
ナーラの滝(幻の滝)。20mあります。
ここからは一般のカヤックガイドツアー等も来るため久しぶりの一般登山道。っていうか初めての登山道(^_^;)

今回も一組のガイド+クライアントが来ていました。
DSCF7297
久しぶりの会話を楽しんだ後は。

DSCF7298
濡れたものを干したりしながらのんびりお茶の時間。予約してある迎えの船は満潮近くにならないと来られないためしばし待ちます。

でも思ったより早く来てくれました。
DSCF7299

仲良川最奥の船着場。
DSCF7301

で、仲良川をクルージング。
DSCF7302
DSCF7307
DSCF7309

無事、白浜の港にたどり着きました。
大変な思いもしましたが、ものすごく楽しかったですね。
すごくいい体験ができます西表島の沢登り。来年も企画しますのでぜひ経験してみませんか?

注意:
※仲間川、仲良川ともに最奥まで船で送ってもらえるのは満潮前後の時間に限ります。時間に余裕を持った行動を。
※全体を通してそうですが、特に稜線近くではコンパス、地形図の使い方が完璧にできる人でなくては迷います。踏み跡等はまったくありません。

高野山岳ガイド事務所 – Takano Mountain Guide Office | Facebookページも宣伝

パタゴニア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください