野外・災害時救急法自主研修会at坊ガツル

北米の団体WildernessMedicalAssociatesの有資格者が久住山坊ガツルに集まり、自主研修会を行いました。

この救急法は、救急車やその他の救助隊がすぐに駆けつけられない野外環境下や災害時において、現場にあるもので最低限の処置を施し人々の命を救う一助となす非常に有効かつ重要な手段です。もしもの時に大事な人を助けたいアナタはぜひ受講しておくべき内容でしょう。

DSCN1611
外傷性脳損傷と不安定な手首のケガのドリル

今回、会場としたのはくじゅう坊ガツル。最も近い登山口から徒歩2時間の本物のバックカントリー環境下と言えるでしょう。お昼前に集合してまずは自己紹介がてらお話ししながら各自でランチ。
DSCN1562

福岡県、大分県から集まった8名の参加者で2日間ひたすら反復練習です。
まずは外傷を伴う呼吸困難のドリル。
DSCN1563

さまざまな状況をシミュレートして練習を重ねていきます。
DSCN1578
DSCN1596
DSCN1603
DSCN1608

今回参加された方は私を除く7名全員がWFA資格であったため、それほど複雑な状況の練習はできませんでした。(ちなみに私の資格はWFRです。)
しかし、しっかりと反復してトレーニングを積むことでより正確な知識技術の習得にもつながり、かつ自身もできたのではないかと思います。参加者の皆様お疲れ様でした。これに満足せず、これからも研鑽をつみ、場合によっては上級資格の取得も視野に入れてがんばって行きましょう。野外環境下で傷ついた人を救えるのは目の前にいるアナタだけなのですから。
高野山岳ガイド事務所 – Takano Mountain Guide Office | Facebookページも宣伝

パタゴニア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください