本気山塾!Snow!追加講習として雪洞泊 at 乗鞍岳

阿弥陀岳から下山して松本の我が家に雑魚寝。
翌朝は晴れあがった乗鞍岳に雪洞を掘りに向かいます。

DSCF7394
雪洞の前で夕暮れの穂高連峰。

本来は雪洞泊は3回目の大山での講習で行う予定でしたが、寡雪により実施できなかったことと、唯一の参加者イクミさんが望んだことにより急遽、冬の私のホームグランド乗鞍岳で行うことにしたのでした。
リフトでMt.乗鞍スキー場のゲレンデ最上部に上がり準備。
DSCF7380
晴天が予想される土曜日とあって多くのバックカントリースキーヤー、スノーボーダー、登山者でにぎわってます。

ツアーコースのいきなりの急登を登っていきます。
DSCF7381

できるだけスキーヤーやその他の登山者から目立たないところで雪洞を掘りたかったため、途中でツアーコースを離れていい場所を探しました。
で見つけた場所は、穂高連峰を目の前に一望できる最高の場所!早速掘り始めます。
DSCF7383

急遽の雪洞作成のためシャベルが1本しかなく大変でした。。。
途中でコーヒータイム。パーコレーターを使って雪山で淹れるコーヒーは最高です!
DSCF7387

ある程度できあがったところでツアーコースに戻って地図読みやその他こまごまと。
登山者たちは続々と登り、スキーヤーたちは続々と滑ってきます。
DSCF7391
バックは乗鞍岳剣ヶ峰。

少し滑落停止訓練なぞしてから雪洞に戻り、最後の仕上げ。入り口もツェルトでふさぎ棚なども作って完成!
DSCF7393

鍋で宴会しながら「男はつらいよ」観賞会です(^_^;)
DSC_0006

翌朝も朝日のあたる穂高を見てから出発。
DSCF7395

下りながら滑落停止など。
DSCF7397

これにてBasic!、Snow!と続いた本気山塾!も初めの一年を無事に終えたことになります。参加された皆さん、ご協力いただいた方々、ありがとうございました。まもなくBasic!3期生の募集も始めますし、5月にはSnow!の特別追加講習もあります。今後とも「本気山塾!」にご支援賜りますようお願いいたします。
高野山岳ガイド事務所 – Takano Mountain Guide Office | Facebookページも宣伝

パタゴニア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください