槍穂高の稜線へ。横尾本谷右俣から攀じ登り!

いつもご参加いただく常連のKさんをお連れして紅葉真っ盛りと思われる横尾本谷へ行ってきました。

久しぶりのホームグランド上高地よりスタートです。
DSC_1467

この日は昼スタートなので横尾で一泊。翌朝まずは涸沢に向かう多くの人々と一緒に本谷橋へ向かいます。
DSC_1468
屏風岩も今日はすっきり♪

本谷橋でヘルメット・ハーネスを装着してごった返す人々とお別れ。
DSC_1471

DSC_1472

水はめちゃめちゃきれい♪
DSC_1473

長い長い河原歩き。
DSC_1474

残雪もいまだに残ってます。
DSC_1476

振り返ると屏風の頭。
DSC_1478

河原歩きにも飽き飽きしてきたころに突如開ける南岳カール!通称、黄金平。
DSC_1479
本当に黄金色に光ってます。

DSC_1481

まったく涸沢の紅葉にも引けを取りません!しかしバリエーションルートのためほとんど人はおらず。この日は完全貸し切り♪
DSC_1482

紅葉をかき分けながら道なき道を進みます。
DSC_1483

今年は残雪が多かったためかまだまだミヤマリンドウが大量に咲き誇っていました。
DSC_1486

最後の横尾尾根のコルまでの登りが苦しいところ。踏ん張って登るとジャーン!
DSC_1490
槍ヶ岳が出迎えてくれました。

槍穂の稜線(南岳近く)まで登ると白山まで見える大展望。
DSC_1492

この日泊まった南岳小屋の向こうには大キレットを隔ててそびえる穂高連峰。
DSC_1494

本当に素晴らしい一日でした。
そして翌朝、まだ興奮冷めやらぬ中ですが昼前には降り始めるとの予報でとっとと下ります。
DSC_1495
常念岳近くが明るくなってはいますが太陽は顔を出しませんでした。

下山途中の天狗池にて。逆さ槍が見事。
DSC_1496

槍沢の紅葉はまだまだきれいでした。
DSC_1497

私の今年の上高地周辺ガイドはこれで終了となりました。また来年よろしくお願いします。
ご参加いただいたKさん、ありがとうございました。

注:このルートは一般ルートではありません。登山地図にも実線はおろか破線すら載っていません。十分な経験と技術、覚悟を持ってトライしてください。自信がない方、不安な方はここのガイドができる有資格ガイド(日本山岳ガイド協会山岳ガイドステージⅠ以上保有のガイド)に同行をお願いすることをお勧めします。当ガイド事務所でももちろん受付可能です。

パタゴニア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください