西穂高岳からジャンダルム越えて奥穂高岳

所属するやまたみへの依頼があり群馬県のM様親子を案内してジャンダルムを越えてきました。
初日は沢渡で合流してタクシーで新穂高温泉へ。ロープウェイで西穂高口に上がり1時間で西穂山荘です。この日は一滴も飲まずにゆっくり眠りました。
翌朝は素晴らしい快晴。
SANY0001

目指す西穂高岳からジャンダルム、そしてはるかかなたに奥穂高岳が輝いています。
SANY0002

西を見れば笠ヶ岳から右奥には黒部五郎岳が。
SANY0003

振り返ると焼岳と乗鞍岳。
SANY0004

東には霞沢岳の奥に中央アルプス。左奥には南アルプスとその右肩に富士山。
SANY0005

行く手には穂高連峰が槍ヶ岳まで連なっています。
SANY0006

登る道はこんな感じ。険しく、そしてスリリングに果てしなく続きます。
SANY0007

有名な逆層スラブが行く手を阻みます。
SANY0008
(実はあっさり登れるんですがw)

高度感のあるトラバース。
SANY0010

畳岩の頭まで登ると突然目の前にジャンダルムがどーん!
SANY0011

多少ガスは出ましたがジャン頂上からの展望です。

北を向けば槍ヶ岳が。
SANY0012

ジャンダルムを通り過ぎて振り返るといかにすごい山かがわかります!
SANY0014
まさに穂高を守る衛兵ですね。

ショートロープで確保しながら慎重にロバの耳の岩場を下って行きます。
SANY0016

一段落かとおもいきや馬の背が立ちふさがる!
SANY0017
SANY0018
なかなか楽はさせてくれません。。。

なんとか奥穂にたどり着き一安心。ここでゆっくりとハーネスヘルメットを外し、穂高岳山荘まで下山にかかります。山小屋が見えてくるとひと安心。なのですが、最後のはしごも気を抜けません。
SANY0020

ちょうど荷揚の時間帯にあたったようでしばし足止め。
SANY0022

この日は知り合いのガイドたちともたくさん合流して楽しく夜は更けていきました。
翌朝も素晴らしい天気。浅間山方面が見事に焼けています。
SANY0024

次はここを目指しますかね?前穂の北尾根。
SANY0025

屏風ノ頭の奥に常念岳。
SANY0026

花はもう終わりかとおもいきやイワギキョウは元気でした。
SANY0027

涸沢まで下りて吊尾根を振り返ります。今回は通ってないけどw
SANY0028

本谷橋まで下りれば下山はもうすぐ終わり。
SANY0029

屏風岩が見えてくれば下りるのは終了。あとはダラダラの平坦な道が待ってます。
SANY0030

徳澤からの前穂東壁も素晴らしい!
SANY0031
こうして無事山行は終了しました。Mさんお疲れさまでした!
明日は日帰りで乗鞍岳ガイドしてきます。
高野山岳ガイド事務所 – Takano Mountain Guide Office | Facebookページも宣伝

パタゴニア

「西穂高岳からジャンダルム越えて奥穂高岳」への2件のフィードバック

  1. がれきのような、危険な所も登るんですね。
    朝日の素晴らしこと!!!
    感動しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください