屋久島を南端から北端まで縦走!

 11月28日朝、自宅をマイカーにて出発。大分県豊後大野市の犬飼久原というバス停から高速バスで鹿児島へ。鹿児島港から高速船トッピーにて屋久島安房港へ。定宿、華のやさんにチェックインしてお客さんと合流。
 翌29日朝、タクシーにて尾之間温泉へ。いよいよ屋久島南北縦断の始まりです。
SANY0637

 苔むした森の中を進んでいきます。
SANY0639

 途中、昔の炭焼き窯の跡が。
SANY0640

 水のきれいなところです。
SANY0641

 このあずまやまで1時間半。ここで蛇の口滝へのトレールと別れて鯛の川渡渉点に向けて登っていきます。
SANY0642

 しばらく登ると蛇の口滝の上部が見えます。
SANY0643

 森はどんどんと深くなっていきます。普通はこの尾之間歩道は通らずに車で淀川登山口まで行ってしまうので忘れられたマニアックな道となっています。
SANY0644
SANY0645

 途中何度か渡渉を繰り返しながら。
SANY0647
SANY0649
SANY0652

 いよいよ鯛の川の渡渉点へ。
SANY0654

 水量が多いため靴を脱いで裸足で渡ります。
ここまで長かった。。。
SANY0655

 鯛の川を渡りしばらく登れば乃木尾根です。
SANY0656

 だんだんと暗くなってきたところでヤクジカの目が光ります(笑)。
SANY0657

 ようやく淀川登山口へ。暗くなってきました。ここからはヘッドランプを頼りに淀川小屋へ向かいます。
SANY0659

 世界遺産地域内へ。
SANY0660

 こうして18時過ぎなんとか淀川小屋にたどり着きました。時期的なこともあり貸切でしたので盛大にこの長かった一日の反省会をしたかったのですが、疲れのためか焼酎も進まず早々に就寝。。。

 宿泊した淀川小屋内部はこんな感じです。
SANY0661

 翌朝まだ明けぬ6時30分に出発。淀川を渡ります。まだ、小雨。。。
SANY0662

 高盤岳展望所に差し掛かるあたりには少しずつ晴れてきました。
SANY0664

 小花之江河。
SANY0665

 花之江河。
SANY0666

 黒味岳分岐に荷物を置いて黒味岳に向かいます。

 黒味岳頂上。
SANY0669

 黒味の登りはロープを使っての岩登り箇所が多数あり、変化に富んで面白いです。
SANY0670

 黒味岳からおりてきたら目指すは九州最高峰宮之浦岳。向かう途中で永田岳が顔を出してくれました。
SANY0680

 屋久島はどこに行っても水がきれい!
SANY0683

 栗尾岳をへて。
SANY0684

 いよいよ宮之浦岳への最後の登り。
SANY0685

 山頂からは永田岳の左肩にこの後向かう口永良部島。
SANY0687

 なんと開聞岳までよく見えました!
SANY0688

 それでは周囲の動画をどうぞ。

 宮之浦岳から下山。振り返って。
SANY0691

 新高塚小屋に到着。ここで泊まらずに先の高塚小屋まで行ってしまうことにしました。水だけここでたっぷりと補給。
SANY0692

 高塚小屋ではキムチ鍋で乾杯!楽しく夜も更けていきました。

 翌朝は霧雨模様の中、高塚小屋を出発。
SANY0695

 縄文杉に久しぶりに挨拶して行きます。
SANY0698

 夫婦杉。昔につけられた名前ですがよく考えたら昔の夫婦は手をつないだりはしないんじゃないかなんて考えたり(笑)。
SANY0700

 大王杉。縄文杉発見以前に屋久島最大といわれてた杉です。
SANY0701

 ウィルソン株。切られなかったら縄文杉より大きかったでしょう。
SANY0702

 翁杉は昨年倒れてしまいました。
SANY0704

 大株歩道へ。ここからしばらくトロッコの軌道を歩きます。
SANY0705

 途中の渓谷が美しい。
SANY0706

 紅葉も美しいです。
SANY0708

 三代杉。
SANY0709

 そして楠川分れへ。ここから辻峠に向かって登ります。
SANY0710

 峠までの道は予想通り誰にも会いませんでした。
SANY0711

 峠から白谷雲水峡に下りると苔が美しい。
SANY0713
SANY0714

 沢を渡って。
SANY0715

 吊り橋を渡る。このあたりから急に大雨が降り始めました。あと15分で登山口なのに。。。
SANY0716

 そして飛龍落としを見たらこの縦走も終了間近です。

 憩いの大岩で憩うことができず残念!
SANY0718

 天候は最高とまでいかなかったものの、悪くない天気で奥岳の上では開聞岳まで見えたしまずまずの山行だったんじゃないでしょうか?お疲れ様でした。
 この後口永良部島に渡ってハイキングを楽しんだのですがそれはまた別のポストで!

パタゴニア
高野山岳ガイド事務所 – Takano Mountain Guide Office | Facebookページも宣伝

「屋久島を南端から北端まで縦走!」への2件のフィードバック

    1. >Bob

      Thank you. That was my first English narration… I used easy term, but I can use JUST easy term. ha ha ha.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください