活火山の薩南諸島、口永良部島へ。

 12月1日夕方屋久島は宮之浦の民宿でお客さんと合流。その日の夜は宮之浦の居酒屋としへ。美味しい首折れサバや餃子なんかで三岳を楽しみました。

 翌日、波の高い中、屋久島町営フェリー太陽は口永良部港に向けて出発。私も珍しく船酔いしてゲロゲロでした(笑)。
口永良部では雨こそ降ってないものの展望はいまいちの曇り。
SANY0719
 ほんとはここに新岳、古岳二つの火山が煙を吐く姿が見えるはずなんですが。。。

 とりあえず屋久島で借りてきたレンタカーで島内一周道路を南東方面から周ることに。途中口永良部島八景のひとつ古岳西麓からの展望です。
SANY0721
 向こうに見えるのはひょうたん型の島の西部、番屋ヶ峰方面です。

 さらに進むと古岳東麓。島の東端方面がよく見えます。
SANY0722

 古岳登山道の入り口二つのうちの一つ、畠登山道から古岳火口に向けて出発。この登山口には東屋と車二台分の駐車場があります。
SANY0723
SANY0724

 登山道は照葉樹林の中でよく整備されており、リボンも適度にあって迷うような道ではありません。
SANY0725
SANY0726
SANY0728

 七釜登山道との分岐へ。このあたりから照葉樹林は姿を消し始め、火山特有の荒涼とした風景に移り変わっていきます。
SANY0729

 エラブツツジが一輪狂い咲きしていました。ピンボケですいません。。。
SANY0732
 河口付近はこのエラブツツジが一面に群生してました。6月から7月にかけてすごくきれいになると思います。

 このように火山ガス注意の看板が。現在は噴火警戒レベル1(平常)ですが、いつ牙をむくかはわかりません。。
SANY0733

 そして古岳火口へ。残念ながらこの日は天候悪く(雨は降ってませんけど)、何も見えませんでした。
SANY0734

 少し下ってガスの下まで出ると島の東端がよく見えました。
SANY0736

 下りは七釜登山道をとって下りていきます。
SANY0738

 少し湿っぽいですがここもよく整備された道。
SANY0739
SANY0740
SANY0741

 下りた先の東屋でコーヒータイムとしました。
SANY0742

 ここから再びドライブ。八景のひとつ永迫へ。町営牧場がよく見えるのんびりとした雰囲気の場所です。
SANY0743

 そして宿泊する集落、湯向(ゆむぎ)をいったん通り過ぎて寝待温泉へ。やっぱり山の後は温泉でしょう!
SANY0745
 ここには寝待立神という立派な岩が海からそびえたっています。
SANY0746

 そして寝待温泉。非常にいい泉質です。女湯が現在使えないため交代で男湯に入ることになります。
SANY0747

 温泉を楽しんだら湯向にある民宿あぐりへ。
SANY0748

 この集落も名前の通り温泉のある集落です。民宿にはお風呂はありませんのでぶらぶら歩いて1分ほどの湯向温泉へ。湯の花がいっぱい浮いた気持ちのいい温泉です。ここは男女別に湯船があります。(もちろん脱衣所も別)
SANY0749

 温泉から帰ってきたら刺身で一杯!夜光貝とアジの一種です。
SANY0750

 島でとれる筍の煮物。
SANY0751

 オヤビッチャ(島名ヘキンコ)のから揚げ。
SANY0752

 名焼酎三岳とともに楽しく夜は更けていくのでありました。

 翌3日、天気予報は午後から晴れるとのことで午前はドライブ、午後新岳登山の予定で出発。しかし途中展望もいいので急遽先に新岳登山をすることに。右に見えてるピークは古岳です。
SANY0753

ここは登山道らしき登山道はありません。まずは火砕流の後をひたすらさかのぼっていきます。
SANY0754
SANY0755

 途中時々古岳がよく見えるポイントがあります。
SANY0756

 ひたすら道なき道をよじ登る!
SANY0757
SANY0758

 一時間ほどで沢を離れてさらに登っていきます。途中のゲート上の岩。
SANY0759

 振り返るとすそ野に広がる照葉樹林の向こうに太平洋。
SANY0760

 西側方面。
SANY0761

 新岳火口近くになると河口でなくても火山性ガスが吹き上がっています。
SANY0762

 登っていくと西側の半島(番屋ヶ峰方面)が一望できるようになりました。
SANY0763

 新岳火口はもう近いはずですが、何せ道がないので大変です。
SANY0764

 スタートして2時間。いよいよ新岳火口に到着です。
SANY0765

 それでは動画で迫力をお楽しみ下さい。下手な英語とともに(笑)。

 最上部からの番屋ヶ峰。
SANY0767

 下りも苦労しながら来た道をたどり無事下山。登山口で昼食にラーメンを食べて(この島には食堂なんてものはありません!)、西の湯温泉へ。
SANY0771
SANY0772

サイコーのロケーションです!が、満潮には程遠い時間だったため熱くて入れませんでした。海水と温泉がちょうどよいバランスで混ざらないとダメな温泉です。。。

 仕方なく番屋ヶ峰にドライブへ。頂上の無線基地には野良ヤギがいました。
SANY0773

 NTTドコモのアンテナ基地から新岳、古岳方面。
SANY0774

 八景のひとつ岩屋泊は島の西端近くです。
SANY0775

 硫黄島(あの有名な硫黄島とは違いますよ!)がよく見えました。次はあそこにも登りたいですね。現在、噴火警戒レベル2で登山自粛になっていますが。。。
SANY0777

 八景のラスト、新村からの亀ヶ浦です。確かに絶景です。
SANY0780

 そして民宿に帰って温泉に入り、最後の晩餐。
SANY0782
 これで終わりではありませんが、この先は写真撮ってません(笑)。

 翌4日は海も穏やかで快適な船旅を楽しむことができました。

 ここ、口永良部島は歩きごたえこそ少ないものの最高のハイキングと魚料理、温泉が楽しめるすごーくいいところでした。移住したいぐらい(笑)。また、来年も企画しようと思いますので皆さんぜひご参加ください。

パタゴニア
高野山岳ガイド事務所 – Takano Mountain Guide Office | Facebookページも宣伝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください