スカイ島滞在記 at Scotland vol.2 Red Cuillin Horse Shoeへ。

おはようございます。ただ今イギリス時間は朝の7時前。昨日はスカイ島ハイキングの核心部、クーリン山脈へ向かいました。

DSCF3459
レッド・クーリン

クーリン山脈はレッド・クーリンとブラック・クーリンに大別されます。勝手なイメージですがレッドクーリンは南アルプス的、ブラッククーリンは北アルプス的と思っていただければなんとなくイメージはつかめると思います。標高はレッドで750m程度、ブラックで900m強ですが(^_^;)

レッドクーリン対岸にあるBruah na Fritheを見ながら。
DSCF3460

スリガハンホテルより古い石橋を渡ってトレールに入ります。
DSCF3461

途中結構いい感じの滝と淵があります。
DSCF3462

今回の最終目的地Sgurr Mhairi(775m)。スカイ富士。勝手に名前付けました(笑)。
DSCF3466

ラン科の花。
DSCF3467

最初のピーク、Sron a Bhealainへ。
DSCF3469

ワタスゲがいっぱいあります。
DSCF3470

イブキジャコウソウの仲間。
DSCF3472

Sron a Bhealainからの展望。山の名前はあってるはずですが発音が間違ってる可能性が高いです。英語ならまだしもゲール語はまったくわからないんで。てか、ゲール語がわかる日本人なんているのだろうか?

Sron a BhealainをあとにしてBeinn Dearg Mheadhonachへ向かいます。
DSCF3474

レッドクーリンの核心部
DSCF3476

ブラッククーリン
DSCF3477

Beinn Dearg Mheadhonachの登りはごろごろのガレ場です。
DSCF3478

がんばって登る三人娘。
DSCF3479

それにしても気持ちのいい道。700m程度の標高とは信じられません。
DSCF3480

でも、下を見下ろすとすぐに湾が迫っています。
DSCF3481

次のピークBeinn Dearg Mhorへ。
DSCF3483

はな。
DSCF3485

そして最後の難関Sgurr Mhairi。
DSCF3486

しかし、鞍部への下りは強烈なガレ場、ザレ場です。。。
DSCF3488
DSCF3489
写真ではわかりにくいですがかなりの傾斜です。普通のハイカー(登山者)では腰が引けて大変でしょう。。。

Sgurr Mhairiの下りはこれよりはるかに傾斜もきついためここで断念して下りることにしました。鞍部からの下りはトレールはないのですが羊の作った道をたどって下りていきます。
DSCF3491

清流を渡って。
DSCF3492

滝を眺めつ。
DSCF3494

無事にスリガハンに戻ってきました。
今回の軌跡はこちら

今日は朝から曇っています。まあ、スコティッシュウェザーの土地なんで気にせず今日もハイキングに出かけます。
高野山岳ガイド事務所 – Takano Mountain Guide Office | Facebookページも宣伝

パタゴニア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください