南九州の名峰、韓国岳・開聞岳へ。

遅くなりましたが山旅人のガイドとして霧島連山の韓国岳、南薩摩の開聞岳を案内してきました。

DSCN1766
韓国岳の登山はえびの高原の硫黄山よりスタート。

4月18日朝、宮崎港にフェリーでたどり着いたお客さま方と合流して一路えびの高原へ。そこから歩き始めます。

DSCN1768
ツクシショウジョウバカマがところどころ咲いております。

DSCN1769
ハルリンドウも。

頂上は残念ながらガスの中でした。。。
DSCN1771

下りてきたら少し晴れてきましたけどね♪
DSCN1776

指宿温泉に移動してゆっくりと一泊。
DSCN1780

翌日は開聞岳を目指します。
DSCN1781

スタートからしばらくはジャングルっぽい雰囲気の中のえぐれた登山道。。
DSCN1784

長崎鼻を望んで。
DSCN1785
ここの登山道はらせん状に360度回りながら登るため全方位の景色を楽しめます。
この日は晴れてましたがかすんでよく見えなかったのが残念でしたが。

DSCN1786
途中の仙人洞。

後半はちょっとした岩場も出てきます。
DSCN1787

頴娃町の海岸線。
DSCN1788

頂上へ。
DSCN1790

別段のトラブルもなく無事に下りてくることができました。
皆さんお疲れ様でした!
高野山岳ガイド事務所 – Takano Mountain Guide Office | Facebookページも宣伝

パタゴニア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください