阿蘇五岳全部登ります!

 山旅人のツアーで阿蘇五岳に登ってきました。
このツアーは数年前に私が企画したものです。通常のツアー登山では阿蘇といえば高岳中岳だけなのですが、やっぱり阿蘇の中心は阿蘇五岳全山でしょう?だから登ります。
フェリーで大分に降り立ってから阿蘇に向かいます。予定登山口の仙酔峡に着くと…。
な・な・なんと…強風のためロープウェイ運休中!
反対側(西側)から登ろうとバスを走らせると…。ガス濃度が濃く、風向きが悪いため入山禁止!
仕方なくとりあえず烏帽子岳に向かいます。観光でも有名な草千里の奥に鎮座する山です。
烏帽子岳
大変そうにも思えるのですが実際には1時間程度で着きます。風がやはりきつかった!
烏帽子岳登山中に振り向くとこの後に訪れる杵島岳がよく見えます。
杵島岳
杵島岳はさらに短く、30分ほどで山頂へ。ここには旧火口がありまわっていくことができます。
美しいミヤマキリシマを眺めながらお鉢めぐり。
杵島岳火口のミヤマキリシマ
眼下には典型的なスコリア丘である米塚が見えます。
米塚
のぼることができなかった主峰、高岳と中岳も見えます。
高岳中岳
こうして一日が過ぎ阿蘇白水温泉で疲れをいやしました。翌日朝は根子岳へ。ここは雨の後は火山灰土がずるずるに滑って登れないのですが…。何とか登ることができました。美しいミヤマキリシマを眺めながら…。残念ながら霧が濃かったため写真は撮ってません。
さらに、参加者全員の足がそろっていて早く下りてくることができたため再び仙酔峡へ。この日はなんとかロープウェイも動いていました。
 しかし、やはり稜線上はかなりの強風!飛ばされないように気をつけながら中岳を経て高岳へ。
高岳山頂にて
時間を気にしながらの登山でしたが皆様の協力もあって無事に五岳全山登頂することができました。
今日から私はしばらくの間インフルエンザ休暇です(涙)。私がかかってるわけじゃありませんよ…。
みんなが外に出たがらずにキャンセル続出で仕方なく休みになってしまったのです(涙)。
町にいるより山に行ったほうがはるかにかかる確率低いと思うんだけど…。
大騒ぎするマスコミと厚生労働省を激しく恨みます…。
>sugina さん
阿蘇の写真アップしたよ。フェリーは飲んだくれてもそのまま寝られるから楽なんだよね。でもこの快適な旅も政府自民党の露骨かつ短絡的な人気取り政策(高速道路のこと)のせいでいつまでフェリー会社が倒産せずに頑張れるかわかりません(涙)
パタゴニア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください