韓国下見日記第5弾 智異山最高峰天王峰へ。

チリサン国立公園最高峰のチョナンボンに登ってきました。この山です!
SANY0141

 昨晩は白武洞(ベンムドン)のバス停でお客さんを迎えに来た民泊のオヤジに頼んで泊めてもらいました。英語が少ししゃべれるオヤジだったんで楽でしたw 今までで一番広いオンドル部屋。でも一番高いw と言っても日本円で3000円弱ですが。
SANY0114

 夜はオヤジの経営するシッタン(食堂)でキムチチゲ。うまかったです。
SANY0115

 朝5時起きで6時出発予定の準備。さあ、行こうと思ったけどまだ外暗いなあとオンドルの床でごろごろしてたら二度寝!気がついたら7時過ぎてました。。。すぐに準備して出発7時30分。おそっ!
SANY0116

 これまでの山に比べればそれほど急な登山道ではありませんがそれでも時々はかなりの急登が。
SANY0117
SANY0119

 とちゅう水場があります。なんとか出てましたんで、ここで水の補給。もちろん枯れてることを考えて補給しなくても充分なだけは持ってるんですがw
SANY0120

 この階段結構長く続くんですがこれさえ登り切れば後はそうきつくない登山道でした。
SANY0121

 紅葉がきれいです。
SANY0123

 しばらく登って振り返ると景色が開けていました。
SANY0125

 チャントモク待避所。ツアーの時はここに泊まることになるでしょう。ここから急に人が増えてきました。やはりベンムドンコースよりチュンサンリコースの方が人気のようです。
SANY0126

 石畳の道がしばらく続きます。
SANY0127

 ここに来てようやく主峰チョナンボンが見えてきました。
SANY0128

 最後の登りだけですがこういうところがあります。
SANY0129

 トンチョンムン(通天門)というチョックストーン。
SANY0130

 歩いてきた道を振り返ります。
SANY0131

 なんだか天空へ続く階段のよう。
SANY0132

 そしてチョナンボン頂上へ。
SANY0133
SANY0134

 それでは久しぶりの頂上からのパノラマ動画をどうぞ! 

 下っていくチュンサンリ方面を見下ろすと遙か遠くです。。。
SANY0136

 途中展望のいい大岩の上から同じくチュンサンリ方面。
SANY0137

 赤と黄色の混じった紅葉。
SANY0138

 下山途中にはお寺があります。法界寺という名前でした。
SANY0139

 そのすぐ下にロータリー待避所。
SANY0140

 その少し下から振り返ったのが表紙の写真です。前に行った3つの国立公園に比べると岩が少なめで比較的歩きやすいといえるかもしれません。でも、あくまで比較的です!

 マンバウイという岩。マンって饅頭のマンでしょうか?
SANY0142

 鉄製の吊り橋。ここまで来ればあと少しで下山です。
SANY0144

 そして下山口のチュンサンリ。
SANY0145

 熊さんのお口の中にチョナンボンww
SANY0146

 無事に下りてきて今、プサンに向かうバスの中です。この旅もフィナーレが近いです。
高野山岳ガイド事務所 – Takano Mountain Guide Office | Facebookページも宣伝

パタゴニア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください