雪崩のプロになるために。奮闘の日々の記録!

1月19日より1週間長野県白馬村にて開催された日本雪崩ネットワークによるアバランチ・オペレーション・レベル1を受講してきました。

この資格はガイドやスキーパトロール(日本じゃ必要ないか。。。)、その他の雪崩管理者のための入り口となる資格です。1週間の長きにわたる講習・検定ですが内容はかなり充実しており、実のところ1週間じゃ短いんじゃないかと感じました。。。

初日まずはイントロダクションと雪崩に関する各種知識の講義から始まります。
CameraZOOM-20130119170427395
続きを読む 雪崩のプロになるために。奮闘の日々の記録!

嵐の合間の奇跡の一日!ド快晴の荒島岳へ。ただし敗退。。。

快晴の荒島岳に行ってきました。写真はしゃくなげ平付近からの白山の大展望。
DSCN1441

石鎚山から下山して関西に移動。さらに高速で米原まで移動してお客さんと合流。常連のKさんです。
で、福井から越前大野を経て旧カドハラスキー場へ。途中でランチ中に荒島岳での遭難を知りました。
うーん。。。
でもとりあえずこの時点で救助活動は終わっていた模様。1人は無事でしたがもう1人は残念でした。
この日は午後旧カドハラスキー場でビーコン捜索の訓練。
DSCN1432

夜は大野の旅館に素泊まりで夜は友人おすすめの星山へ。
CameraZOOM-20130115180527141
激ウマでした!

翌朝、再び荒島岳勝原登山口へ。
いよいよ頂上アタックです。
DSCN1433
雪は少なめ。曇ってはいますが視界は良好です。

まだ日の当たらない旧ゲレンデ内をずんずんと登っていきます。
DSCN1435

旧ゲレンデトップに着いた頃には雲もとれて快晴に!
DSCN1436

ここから先は救助隊のトレースも消えがちになりますが雪が降ったわけではなく、風でリセットされているだけなので下はしっかり踏み固められており快適に登ることができました。
DSCN1440

途中のトトロの木(ブナ)。
DSCN1438

ただ途中でアクシデント!Kさんがバックパックに着けておいたはずのピッケルがいつの間にか落下。気づいた時にちょうど追いついてきたスキーヤーの兄さんに聞いてみるとかなり下の方で落ちてて持ってあがるか迷ったけど持ってこなかったとのこと。。。ピッケルなしでのもちが壁の登下降は危なすぎるので残念ですがしゃくなげ平までで引き返すことに。。。

で、しゃくなげ平。
DSCN1442
救助隊が休憩を取ったのでしょう。広く踏み固められておりました。

林の向こうに荒島岳の本峰がそびえています。残念!
DSCN1443

下山途中にきれいに見えた赤兎岳。
DSCN1444

今回は残念でしたが、これに懲りずに再び頂を目指しましょう!
高野山岳ガイド事務所 – Takano Mountain Guide Office | Facebookページも宣伝

パタゴニア

本気山塾!Snow!第2回講習会は石鎚山にて。

行ってきました。1/12朝、大分県臼杵港に集まった4人の受講生とスタッフ2名。フェリーで八幡浜に渡ります。
そこから車で石鎚登山ロープウェイ下谷駅まで走り準備。
DSCN1380

ロープウェイで成就まで上がります。
DSCN1382

うっすらの雪の中をとりあえず成就まで。
DSCN1383
DSCN1384
DSCN1385

お参りを済ませてから二の鎖のテント場に向けて出発。
DSCN1386

この日はアイゼンを装着せずにキックステップで登ってもらいます。結構ふくらはぎにキテたようでお疲れさんでした(^_^;)
DSCN1387

試し鎖を巻きます。っていうか、鎖はすべて巻きますw
DSCN1388

瓶ヶ森がきれい!この日は快晴です。
DSCN1389

慣れないキックステップはつらいですね。
DSCN1391

太陽が弥山の向こうに隠れたころにようやく夜明峠へ。
DSCN1394

あと、ちょっとで二の鎖テント場。
DSCN1395
DSCN1396

下の方に少し見えるプレハブの小屋周辺がテント場。なんとか暗くなる前に着けました。すぐにシャベルで整地してテント設営。
設営後中に入り、恒例のお誕生日塾生のためにケーキ作成♪
DSCN1399
DSCN1402
手抜きですが山の上ではこれでも十分にうまいのです!
こうしてお誕生会と称した飲み会で夜も更けていくのでした。

翌朝は最高のご来光!
DSCN1403
DSCN1404

雪上でたそがれるモトシ♪
DSCN1405

小栗旬とポーズは同じだが爽やかさのかけらもないシロー♪
DSCN1406

荷物をデポして弥山経由天狗岳を目指します。とりあえず弥山で集合写真。
DSCN1409

天狗岳は相変わらずアブナイ装い♪
DSCN1410

弥山からスリングを垂らして慎重に下ります。
DSCN1411

鎖場も無事通過。
DSCN1413

頂上への最後の岩場にはFIXロープを張りました。アイゼンで岩場通過するのは初めてですしね♪
DSCN1414

西日本最高峰の石鎚山天狗岳へ。みんないい笑顔です♪
DSCN1417

来た道を戻りデポ品を回収したら夜明峠より下山を開始します。
DSCN1418

ここはほとんどノートラック。ルートファインディングの練習にもなります。
で、途中の斜面で滑落停止訓練。みんな初めてで大はしゃぎ(^_^;)
DSCN1420
DSCN1421
DSCN1423
お手本を見せた時にカメラのレンズに雪がついてしまい少しぼやけています。スイマセン。。。

途中でマジ滑落。。。おいおい。。。
DSCN1424
ま、大したことなかったからよかったけど。

天柱石。実物はすごいです!見に行く価値あります!
DSCN1426

沢もめちゃくちゃきれいでした。
DSCN1427
DSCN1431

かなり怖いはしごの連発。
DSCN1429

この日は本来瓶ヶ森に縦走してテント泊の予定でしたが、皆さんもご存じのとおり大変な大雪の予報が入り、行動不能に陥る可能性も考慮して頑張って下りてきました。ぎりぎりヘッドランプを使わずに降りることができました。塾生諸君の頑張りに脱帽です!
次回は2月の伯耆大山。今回は雪が少なめでしたが次回はがっつりと雪にまみれることができるでしょう。お楽しみに♪
高野山岳ガイド事務所 – Takano Mountain Guide Office | Facebookページも宣伝

パタゴニア

ド快晴の西穂丸山へ!

1月4日よりクラブツーリズム関西の仕事で西穂高の丸山を案内してきました。
偶然にも4日午後から5日午前にかけては年始に猛威を振るった西高東低の気圧配置がようやく緩み、大陸性の移動高気圧が張り出してくる最高のタイミング!

4日午後に新穂高でお客さんと合流してロープウェイ西穂高口駅の播隆上人像の前で全員アイゼン装着してもらい出発!
DSCN1360
続きを読む ド快晴の西穂丸山へ!

2012-2013年越しは南阿波にて!

皆様あけましておめでとうございます!皆様の年越しはいかがでしたでしょうか?私は恒例の山旅人年越しツアー。昨年は諸事情で一年間お休みしましたが今回満を持して復活!今回めざしたのは雪もなくてあたたかな南阿波でした。
えびす洞の上から千羽海崖方面を眺めます。
DSCN1355

2012年12月31日、南阿波目指してつどったのはお客さんスタッフ含めて総勢14名。宿泊先のコテージ南阿波サンラインモビレージに移動します。着いたら餅つき大会!つき手としては間に合いませんでしたがもちはしっかりいただきました♪
DSCN1312

この日持ち寄った酒の一部。ごくごく一部です(^_^;) 正気か?www
DSCN1313

で、北海道直送の真鱈、アンコウ、サゴシ、屋久島からのトビウオのつみれなどで絶品の鍋料理の数々。途中仕入れたブリの刺身も登場して年越しの夜を楽しみました!酔っぱらってて写真は撮ってません。。。すいません。

そして2013年最初の太陽が美しく昇ってきました!
DSCN1316
静かで穏やかで本当にいい初日の出でした!

DSCN1320
お雑煮をいただいたら早速新年初ハイキングに出かけます!が、その前に初詣。日和佐は四国八十八か所23番薬王寺があります。
DSCN1321
よく考えたら私は今年本厄なのです。。。どこで厄除けしてもらおうかな?

日和佐城から初ハイキングスタート。今回は「四国のみち」の一部、「千羽海崖を望むみち」を歩きます。
DSCN1322

歩き出してしばらくはゆったりとした気持ちのいい散歩道。
DSCN1324

指の鼻休憩所より。
DSCN1325

途中随所で日和佐の入り江と右奥にえびす洞も見えます。
DSCN1327

昨日のアルコールを抜くべくしっかり歩きますww
DSCN1328

四等三角点のある千羽富士。
DSCN1331

千羽海崖核心部と海上に通り岩。
DSCN1333

後半は急な階段が少し多くなってきます。
DSCN1335

千羽ヶ岳の頂上でサプライズプレゼント!年末お誕生日の方と年始お誕生日の方に山旅人スタッフより贈り物でした!
DSCN1339

無事に下山して元日の夕餉は海鮮おせちと金目鯛の刺身!
DSCN1343
DSCN1347

翌2日は観光的な散策。
まずは地元の日和佐八幡神社にお参り。
DSCN1351

ウミガメの来る大浜海岸をぶらぶらして。。
DSCN1352

見事な海食洞窟、えびす洞を散策。
DSCN1353
DSCN1354

今回も楽しく年を越すことができました。来年もぜひ行きましょう!
これからの一年間、安全に皆様を案内したいと思います。
ご協力よろしくお願いいたします。
高野山岳ガイド事務所 – Takano Mountain Guide Office | Facebookページも宣伝

パタゴニア